北摂のホタル鑑賞おすすめスポット

【大阪府】

初夏の風物詩、蛍鑑賞が北摂のあちこちで楽しめます。

【ゲンジボタル】

成虫の体長は15mm前後で、日本産ホタル類の中では大型の種類である。複眼が丸くて大きい。体色は黒色だが、前胸部の左右がピンク色で、中央に十字架形の黒い模様があり、学名のcruciataはここに由来する。また、尾部には淡い黄緑色の発光器官がある。オスとメスを比較すると、メスのほうが体が大きい。また、オスは第6腹節と第7腹節が発光するが、メスは第6腹節だけが発光する。日本で「ホタル」といえばこの種類を指すことが多く、もっとも親しまれているホタルである。 (Wikipediaより)


 

 

 

【茨木市】

●西河原公園 ホタル鑑賞会

 

 大阪府茨木市西河原 (国道171より南側の園内水路沿い)

期間:2016年6月3日(金)~5日(日)

時間:19:30~21:00

アクセス:阪急電鉄京都線 総持寺駅下車 徒歩約15分

お問合せ: 072-620-1654(茨木市公園緑地課)

参考:茨木市公式HP

 

 

【吹田市】

●万博公園 蛍の夕べ

 大阪府吹田市千里万博公園1-1

期間:2016年は5月21日(土)~6月5日(日)

時間:日没~21:30

「ゲンジボタル」と「ヘイケボタル」の2種が日本庭園の西区の流れに生息しています。

お問合せ: 06-6877-7387

参考:万博記念公園HP

 

 

●千里緑地4区

期間:例年5月中旬から6月初旬

山田西交番(山田西2丁目)近くに、ヒメボタルを見ることができる遊歩道への入口があります。

午後8時~10時ごろによく発光します。

ヒメボタルは敏感な生き物で、近くには住宅もあります。マナーを守って静かに観察しましょう。

また、危険で近隣の迷惑にもなるため、路上駐車は絶対にしないでください。

参考:吹田市観光ウェブ

 

 

【豊中市】

●ほたるの夕べ

大阪府豊中市原田南1-14 新豊島川 蛍の里

期間:例年6月初旬の週末 2016年6月3日(金)~5日(日)

時間:19:40~21:40

アクセス:阪急宝塚線服部緑地駅下車 徒歩15分

お問合せ: 06-6864-6661

*駐車スペースなし、駐輪スペースは有りですが、混雑が予想されます。

参照HP:豊中市役所都市基盤部ほたるの夕べ

 

 

【箕面市】明治の森 箕面国定公園

●大阪府箕面市箕面公園1-18 

期間:例年6月上旬~6月下旬 

時間:20:00~22:00

アクセス:阪急電鉄箕面線 箕面駅下車 徒歩約10分

お問合せ: 072-721-3014(公園管理事務所)

参照HP:箕面公園公式HP

 

 

【大阪】新梅田シティー

●中自然の森に「蛍」舞う

大阪市北区大淀中1-1-88 新梅田シティー 中自然の森

期間:例年6月中旬~6月下旬

時間:日没~22:30

アクセス:JR大阪駅中央北口より北へ、徒歩9分。

 

人工の森のせせらぎにほたるが舞います。

約2000匹のほたるの放流だけではなく、

産卵や繁殖も行われていて、ここ生まれのほたるもいるとのこと。

お問合せ:06-6440-3899

参考HP:ウメポタ 新梅田シティー

 

■EOおでかけ:「関西ホタル鑑賞スポット」

 

 


DATA

名称 北摂のホタル鑑賞おすすめスポット

フリガナ

ホクセツノホタルカンショウオススメスポット
住所

大阪府箕面市箕面公園1-18

備考  

●掲載情報に変更のある場合があります。お出かけの際は必ず掲載店または主催者にご確認ください。

MAP