桜の庄兵衛で九雀亭vol.3:2019/3/17

桜の庄兵衛
桜の庄兵衛

『彼岸入り 寒さもここまで さあ笑お』

日時:2018年3月17日(日)

<昼の部>開演13:00(12:30開場)

<夕の部>開演16:30(16:00開場)

出演:桂 九雀、桂 九ノ一 お囃子:高橋 まき

演目は当日のお楽しみ。(九雀さんが3席、九ノ一さんが1席)

参加費:2500円

詳細 >> 桜の庄兵衛公式HP 
お申込み >> こちらから



チラシ「桜の庄兵衛 information vol.99」(pdf)

   *上記の画像も、クリックで2段階に拡大しますが、pdfの方がより鮮明です。

【桂九雀プロフィール

1979年(昭和54年)3月1日 桂 枝雀に入門。

 マイクロフォンを使う必要のない会場で、生の声、生の三味線、生の鳴物による落語会の開催に力を入れている。

 また、一風変わった落語会のプロデュースも多数ある。

 1984年 放送作家・東野 博昭が旗揚げしたカラードシアター・ヘテカラで演劇の初舞台。以降、ヘテカラ全公演、劇団リリパットアーミー、劇団MOTHERなど関西小劇場等へ多数客演。

2005年7月には落語的手法による芝居「噺劇(はなしげき)」をスタートさせ、継続的に公演を行っている。

 吹奏楽団やオーケストラと共演なども経験し、「落語版・メリーウィドー」「落語版・ピーターと狼」などの経験がある。2013年には「吹奏楽落語・新出意本忠臣蔵(シンディほん・しゅうしんぐら)」を上演した。

 持ちネタが多くその数は約200。

 趣 味 将棋(アマチュア三段)・クラリネット