阪急電鉄 京とれいん 雅洛 2019.3.23運行開始

京とれいん雅洛は、6両それぞれにデザインが違うために、どれもが世界で一つしかない車両です。

【京とれいん 雅洛】は、先輩の【京とれいん(快速特急A)】と、交代で運行されています。


梅田〜河原町行きは、9:32〜15:32まで一時間おきに発車します。
河原町〜梅田行きは、10:41〜16:41の間の1時間おきの発車です。
どちらも土曜・日曜の一日に7回の運行で、最初と最後は【京とれいん 雅洛】です。
いずれも43〜44分で終点に到着。

『京とれいん 雅洛』は、電車という枠を突き抜けた、走る京町屋のような感じですが、『快速特急A』も、シートなどは京都の感覚を生かした落ち着いた車両です。

★大きな違いは停車駅で、『雅洛』は、梅田・十三・淡路・桂・烏丸・河原町に停車するのですが、『快速特急A』は十三に停車しません。

 

*このページの画像は全て、京とれいん 雅洛の画像です。

 

京とれいん雅洛
梅田に到着した京とれいん雅洛
京とれいん雅洛
車内点検中の終了を待つ

京とれいん 雅洛
1・3・4・6号車に巨大な扇のラッピング
格子戸と暖簾
格子戸と暖簾

京とれいん雅洛
車両ごとの季節テーマに合わせたシート
枯山水と丸窓
枯山水と丸窓

入口付近には犬矢来・ディスプレイで観光案内
入口付近には犬矢来・ディスプレイで観光案内
京とれいん雅洛
丹後縮緬の暖簾

京とれいん雅洛
丸窓の上には竹すだれ、脇には扇が飾られる
京とれいん雅洛
坪庭には手水鉢と竹勺

京とれいん雅洛
ドアも少し格子戸風
京とれいん雅洛
JR東おおさか線との乗換駅:淡路に到着

京とれいん雅洛
茨木市内を疾走中